クレジットカードの審査で重視されるポイント

クレジットカードを所有できるようになるためには、まず審査に通らなければなりません。
では、クレジットカードの審査において重視されるポイントとはいったい何でしょうか。



一つのポイントは、安定した収入があるかどうかというものです。

この面で、職種や勤続年数、年収、また年齢や勤務先は重要な要素となります。

これらの要素を確認することによって、申込者が若者なのか大人なのか、また企業の規模はどれくらいなのかといった事柄が判断されるからです。
一般に、勤務先に在籍確認の電話連絡が行なわれるでしょう。
さらに、クレジットカードの審査で重視される別のポイントには、過去の借り入れ状況や支払い履歴などがあります。



この点の情報を知るために、個人信用情報センターに問い合わせが行なわれることでしょう。



仮に、過去に支払いの遅延などがあると審査においてマイナス要因となってしまいかねません。

これらに加えて、クレジットカードの審査で重視されるもう一つのポイントは、明確な居住場所があるかどうかという点です。

基本的に言って、アパートやマンションと比較すると、持ち家に住んでいる方が有利であると言われています。なぜなら返済に困って、夜逃げしてしまうといった心配がなくなるからです。


また同様の理由で、携帯電話のみの場合よりも固定電話を持っている方が有利に働くと言われています。

きちんとした住居があると判断され、返済能力があると見られる場合が多いからです。